ネットショップでいいものみぃ~つけた。

小さなショップのいくつかのWEBショップから安心してお使いいただける生活用品・インテリア・雑貨・健康器具などの商品を紹介しています。

本ブログでは送料無料の商品を紹介しています。

失敗しないベットの選び方。その2

こんにちは、The!Kaimin&Sunokoベッド通販の太田店長秀美&連れの英樹です。

前回のカビ、ホコリ、湿気対策について書きましたがお役に立ちましたか?

お役に立てれば幸いですが、いまいちと思われた方はそれなりに役立てていただければ幸いです。 

さて今回の、失敗しないベッドの選び方は、ベッド選びの基本は、自分にぴったりフィットするサイズを選ぶとこについて説明しましょう。

お部屋の広さもそうですが、あなたがゆったり睡眠していただくには、どんなサイズが理想でしょうか?

購入した後に後悔しないようにあなたの体に合ったベッドサイズを確認して、ゆったり睡眠できるベッドを選びましょう。

あなたにピッタリのサイズを選ぶには、狭さを感じさせないベッドを選ぶことが大事です。

目安としては、あなたの肩幅に30cmプラスした幅と言われ、左右に15cm以上のゆとり幅が理想的です。

夫婦でおやすみになる場合も同じです。

実際に横になってメジャーなどで測ってみるのもいいですね。

でないと、一人用だったらシングルサイズと思い込んでしまっている方いませんか?

例えば、身長155cmの女性がシングルサイズのベッドで寝たとしますね。

シングルサイズだと横幅が97cmそのベッドで寝返り打つと間違いなくベッドから落ちてしまいます。

しかし、肩幅をはかりセミダブルサイズ(横幅120cm)を選ぶと寝返り打ってもベッドから落ちません。

わずか23cmの差で気持ちよく快適に睡眠がとることができるんです。
クイン160、キング180
また、広いベッドで、夫婦でゆったり寝たいなと思わる方はキングサイズのベッド、と思い込んでいませんか?

キングサイズの横幅は180cmで半分にして寝ても一人90cmシングルサイズの横幅にも満たないベッドで寝ていることになり、夫婦してベッドから落っこちてしまいます。

逆に、シングルサイズのベッドを2台並べると横幅が194cmになり夫婦で寝るのに適した幅になります。

ちなみに、セミダブルサイズのベッドを2台並べると横幅が240cmになり大人二人とお子様の川の字になって寝られますね。

以上寝具調査班から報告でした。

次回は、ベッド廻りの必要なスペースについてです。

 

今回の「いいものみぃ~つけた」いかがでしたか?次回もお楽しみにね。